chat02
ウチのキャラクタの事。


 ウチ、まぁ『Undertaker**』に於いて存在するキャラクタは、
 単なる「物語の登場人物」ではなく、云うなれば俳優の様な、個性を持った個人として扱っています。
 話が無いと成り立たないのではなく、其の一個人で充分魅せられる様な存在。
 其の為スター・システム宜しく様々な世界に同じキャラクタ(名前や設定が若干変わる事がある)が登場します。
 其れを平行世界(パラレルワールド)的と捉えるか、
 先の例に挙げた通り俳優的に演じていると捉えるかは読む皆様にお任せします。
 個人的には俳優性がしっくり来るかと思ってるのですが、別にそんな事決めてないので。
(例外的に、筺庭はノイルが「学園ドラマ遣ろうよ」的発案で始めた壮大な御芝居だったりすると云う裏設定が有りますが)
(此はパラレルと演技とがごっちゃまぜ。学園のセキュリティシステムはルーが組んだ事になってるし)
 其れは置いといて。
 まぁ、然しキャラクタ自体も突然真っ白な世界に生まれる訳ではないので、
 生まれた背景にある世界が或る意味故郷の様なホームグラウンドの様な、自らが一番活きるであろう世界を持っています。
 そしてそう云う世界で主役を張る。
 ……まぁ、長年のテコ入れで生まれ故郷より合う場所を見付けた奴も居りますが。(ルーとか)

 で、長々書いて、結局何が云いたいかって云うと、ウチの子達を愛して上げてね! って事です。
 色んな世界に同じキャラが出て来るので、誰か御気に入りを一人でも見付けると亦違った愉しみが有ります。多分。
 ……矢っ張り芸能事務所的なのかなぁ、此処は。
 惜しむらくは、男キャラばかりな事でしょうか。……じゃにーず?

 私にとって自分のキャラクタは、子であり兄弟であり親友であり恋人です。
 少しでも、皆様が気に掛けて下されば、其程嬉しい事はありません。


<< back